トランスフォーメーション

のぼる
のぼる

近年様々なビジネス分野で使われるようになったDX(ディーエックス)。他にもさまざまなトランスフォーメーションがあります。

つぼみ
つぼみ

ディーエックス聞いたことあります。

他にもあるんですね。

AX(Advertising Transformation)

Advertisingとは広告のことで、デジタルを活用して広告の高度化・効率化を図ることです。

BX(Business Transformation)

Businessはお分かりのとおりビジネスです。デジタルを活用して顧客企業の事業成長と企業変革などを図ることです。

CX(Customer Experience Transformation)

Customer Experienceとは顧客体験のことで、デジタルを活用して最適なお客様体験のデザインを図ることです。

DX(Digital Transformation)

Digitalはデジタルのことです。クラウド管理を行うことでペーパーレス化や情報共有の効率化なども可能となり、デジタルマーケティングの基盤としても有効となります。

結局DXって?

のぼる
のぼる

日本では特にDXについて認識が間違えていることが多々あります。

クラウド管理やペーパーレス化などSDGsにあやかって取り組み始めている企業や団体が増えました。そこで間違えていけないのは、ITリテラシーの問題と担当者問題です。

ITリテラシーが低い企業がDXだ!と取り組み始めたところで、どのように使ってよいかわからなければもともこもありません。

また、取り組んだはいいものの担当者がいない問題もよく見かけます。そうなった場合、せっかく数十万〜数百万規模のシステム開発をしたり、DXツールを導入したのに使わなくなってしまったなんてことはよくあります。

とても綺麗でシンプルなUI・UXが増えていますが、システムなんだかんだ使い方がわからなければ使いづらいものです。担当者だけでなく、全社でシステムの導入に取り組み、共有することで使い方がわかり、効率的なDXができることとなります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

上部へスクロール