3C分析

つぼみ
つぼみ

3C分析って何ですか?

のぼる
のぼる

市場・顧客(customer)、競合(competitor)、自社(company)の3つの頭文字を取ったフレームワークを用いて分析する方法です。

市場・顧客(Customer)

のぼる
のぼる

市場・顧客は文字通り、市場規模、市場成長性、顧客の購買行動などを分析して、価格、品質、デザイン、ブランドなど戦略を策定することです。

つぼみ
つぼみ

なるほど。

これはわかりやすかったですね。

競合(Competitor)

のぼる
のぼる

競合も文字通り、競合の数、参入障壁、他社の強み、弱み、戦略、業績(売上高、シェアなど)経営資源(生産能力、人材ほか)を分析することです。

例えばカフェでは大手チェーン3社でシェア〇〇%、A社は根強いファン、弱みは高年層、B社の強みはデザイン、C社は高級感、A社はTV CMで認知度イメージ抜群などですね。

つぼみ
つぼみ

まずは相手を知るというか同業を知るということですね。

自社(Company)

のぼる
のぼる

こちらも文字通り、市場・顧客、競合の分析で分かったことをもとに自社戦略を分析することです。

例えば、大手チェーン店で培ったブランド力、オシャレ感から、顧客獲得までの差別化など、といったことですかね。

つぼみ
つぼみ

わかりました。

同業やお客さんのことをフレームワークを通して文字化して、確認することも必要ということですね。

のぼる
のぼる

市場・顧客、競合は外部分析、自社は内部分析にあたります。

余談ですが、協力業者(competitor)を入れると4Cになります。

つぼみ
つぼみ

いろんな角度から検証することの必要性がわかりました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

上部へスクロール