4P分析・4C分析

つぼみ
つぼみ

4P分析って何ですか?

のぼる
のぼる

強み(Strength)、弱み(Weaknessといった内部要因)、機会(Opportunity)、脅威(Threatといった外部要因)を分析する方法のことです。

  • 製品(Product)
  • 価格(Price)
  • 流通(Place)
  • 宣伝(Promotion)

この頭文字を取ったマーケティングミックス(MMとも言う)のことを4Pと言います。

製品(Product)

商品名、特徴、デザイン、品質、対応など商品には多くの情報があります。

価格(Price)

一般価格、卸値、値引き価格など価格情報があります。

流通(Place)

輸送、流通チャネル、在庫、流通コスト(Priceにも当てはまる)など流通情報があります。

宣伝(Promotion)

広報、広告、販売促進といった活動など宣伝情報があります。

4Pの策定はSTPの後に行われることが一般的となっています。

セグメンテーションが大きく変わることはないと思いますが、ターゲティング、ポジショニングが変化すれば必然と4Pは変化するものだからです。

4C

のぼる
のぼる

売り手側から見た4Pに対して、買い手側の視点から見た4Cがあります。

  • Commodity(商品)
  • Cost(コスト)
  • Channel(流通)
  • Communication(コミュニケーション)

Commodity(商品)

消費者の需要に対してどのように応えるか。

Cost(コスト)

消費者が購入することができる適正価格か。

Channel(流通)

購入からかかる時間や日数、配送料金など適正か。

Communication(コミュニケーション)

SNSやお問い合わせ、フィードバックなどユーザーの声を拾ったり、商品や企業の改善に向けた外部からの意見を反映させることができているか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました